ブログパーツ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連記事

関連エントリ抽出中...

Vol.6は貸し出し中でした。なかなか順番通りにはいかないものです。


内容

1970年代、ロックは複雑化、巨大化、商業化の道を進んでいました。

そんな状況に嫌気が差していた一部の若者は、

もっとシンプルで情熱的なロックの原点への回帰を試みます。

その先駆けがモダン・ラバーズです。

60年代に流行したガレージ(車庫)・バンドに影響を受けた

パティ・スミスもその一人。


やがてそういったミュージシャン達が、ニューヨークにあるCGBGというライブハウスに集まります。

ラモーンズ、ブロンディ、トーキング・ヘッズ。

彼(彼女)らの演奏は決して上手いものではなかったのですが、

退屈な日常や世の中への不満をストレートに現し、情熱的に歌い、演奏します。

そして彼(彼女)らのそんな音楽はいつしかパンクと呼ばれるようになっていきます。


そんなパンクバンドに対してアメリカのメディアは最初は冷淡でした。

彼らは異質なものとして1975年頃まではラジオ局やテレビに敬遠されます。


アメリカの社会では受け入れられないパンクは、海を越えてイギリスに渡ります。

パンクの魅力に惹きつけられたイギリスのパンクバンド達の演奏はやがて、

アメリカにはない攻撃性と過激さを帯び始めます。


その代表格がセックス・ピストルズ。

しかし、メディアは彼らの音楽には目を向けず、過激な言動ばかりを取り上げ

社会の敵として祭り上げます。

パンクは反社会的存在としてのイメージを植え付けられ、

パンクファッションやスタイルはロンドンの若者達の間で一大ムーブメントを巻き起こしました。


やがて不満をぶつけるだけのパンクバンドは単調さという壁に突き当たりますが、

クラッシュというバンドがジャマイカのレゲエという音楽の要素を取り入れ、

パンクの新しい流れを作り始めます。

当時のロンドンはジャマイカからの移民が増え始めていましたが、

経済の低迷によって職にあぶれた彼らは路上に吹き溜まりを成し、

社会への強い不満を持っていました。

そんな彼らの音楽レゲエとパンクは非常に相性が良く、すぐに結びつきます。


ちょうど世界的に成功していたレゲエミュージシャンのボブ・マーリーの影響もあり、

レゲエの波はニューヨークにも飛び火、アメリカのミュージシャン達も積極的にレゲエを取り入れ始めます。


そんな中、イギリスのメディアを敵に回し、

もはやイギリスでは演奏できなくなったセックス・ピストルズはアメリカでツアーを行います。

しかし、彼らの暴力的なイメージはアメリカの人々に受け入れられることはなく、

ステージでメンバーが観客と暴力沙汰を起こし、ツアー後には解散。


一方、レゲエを取り入れたブロンディはそれらにポップセンスを合わせ、

一般に受け入れられることに成功。

パンクは変化する事によって、ようやくアメリカにも浸透し始めるのでした。

感想

なんかセックス・ピストルズの扱いがひどいですね。

ほとんど当て馬扱いでした。

それ以外は分かりやすくて面白かったです。


個人的にはポリスの「ロクサーヌ」がちょっとだけ流れたのが嬉しかった。

あの曲はレゲエの影響を受けてたんですね。

関連記事

関連エントリ抽出中...

図書館で続きを借りてきました。

前回はVol3が他の人に借りられてましたが、今回はOK。


この巻は黒人のソウル・ミュージックが中心ですね。


1960年代始めのアメリカでは黒人音楽が高い人気を獲得していましたが、

1964年になるとビートルズを始めとするイギリスのロックバンドがアメリカに上陸。

ヒットチャートを席巻します。

その状況に危機感を覚えた黒人ミュージシャン達が新たに見出したのが、

黒人の教会で歌われる宗教音楽「ゴスペル」です。

ゴスペルをポップミュージックに取り込んだ代表的なアーティストがレイ・チャールズ。

その影響を受けた黒人ミュージシャン達が活躍し始めます。

その中心になったのがベリー・ゴーディが率いるミシガン州デトロイトのモータウンレコード。

ポップなソウルミュージックで人気を博します。

このモータウンレコードのやり方がなかなか興味深いです。


優秀な作曲家達を集めてお互いを競わせる事で楽曲の質を高め、

それらをファンクブラザーズというニックネームを持つ

優秀なバック・ミュージシャンが支えるというやり方でヒット曲を連発。

更にまともな教育を受けていない黒人のミュージシャン達にマナー講師や振付師をつけて教育し、

洗練された振る舞いや動きを教えてアーティスト養成教室と呼ばれるものまで作ってます。

ヒットさせる為のプロセスを明確に描き、実践したのですね。

このモータウンレコードからは、

スモーキーロビンソン&ミラクルズ、マーヴェレッツ、スティービーワンダー、

メアリー・ウェルズ、マーサ&ザ・ヴァンデラス、

テンプテーションズ、スプリームスなどが出てきました。


しかし、モータウンレコードの音楽はあまりに洗練されすぎて、

やがて人工的なものになっていきます。

そして、そんな音楽に満足できずもっと本能的な音楽を求める人々が

アメリカ南部のメンフィスに集まります。

代表的なのがスタックスレコードです。

モータウンレコードのような管理されたやり方ではなく、

ミュージシャンの自主性を重んじるレコーディングが特徴。

そのスタックスのサウンドを支えたリズムセクションが、

ブッカー・T&MG'Sという白人と黒人の混成バンドです。

彼らは大勢のアーティストのセッションに参加しましたが、

その中でも有名なのがサム&デイヴ、オーティス・レディング、ウィルソン・ピケットです。


メンフィスの南東200キロのところにあるマッスルショールズという町にあるフェイムスタジオ。

リック・ホールが設立したこのスタジオはソウルの歴史にとって重要です。

ここでレコーディングしたパーシー・スレッジが有名になったのをきっかけに、

ウィルソン・ピケットが訪れレコーディングして生まれたのが、「マスタング・サリー」と「ダンス天国」。

また、アレサ・フランクリンがここでレコーディングして作った

シングルレコード「あなただけを愛して」は大ヒットを飛ばし、

彼女は1967年度の売り上げ記録でシングル、アルバム、R&B部門で1位を取り、デトロイトで表彰されました。


ソウル・ミュージックとは黒人が白人の社会の中で自らの存在を主張する為に生まれた音楽です。

その根底にはあるものは「黒人もいつか白人と対等になれる」という楽観主義でした。

しかし1968年4月、公民権運動の指導者キング牧師の暗殺によってその幻想は崩壊。ソウルミュージックは死を迎えます。

ここから黒人音楽はより黒人のアイデンティティを強調したものに変化し、

ジェームズブラウンによるファンクミュージックという新たな方向性を見出します。


ソウルミュージックの歴史的な役割は終わりましたが、

その豊かな音楽性と理想主義は様々に形を変えながらポップミュージックの中に生き続けているのです。

という感じに締められてVol.3は終わります。

関連記事

関連エントリ抽出中...

60年代半ばのアメリカ西海岸で生まれたサイケデリック・ロック

サイケデリック・ロックとはLSDやマリファナ(当時は合法)などのドラッグによって、

激しい幻覚症状を引き起こしたサイケデリック(意識が変革される)な状態を表現する音楽。


  • グレイトフル・デッドのフィル・レッシュ
    • 「サイケデリックな音楽は人の感覚や意識を拡張する」
  • ザ・バーズのロジャーマッギン
    • 「幻想体験を再現したようにすべてが融合したような音楽、五感が入り混じり色や音を味わうという感じ」
    • 「ふわふわととらえどころがなくて、リズムやメロディーもあいまい」
  • ビッグ・ブラザー&ホールディングカンパニー
    • 「理性が音の彼方に飛んでいくような音楽」

なんとなくわかるでしょうか?

漫画などでドラッグでぶっ飛ぶとかハイになるとかそういう表現が使われますが、

ああいう感じだと思われます。

僕はこのDVDを見てて、

永井豪の漫画「デビルマン」で不動明が親友の飛鳥了に誘われた酒池肉林なパーティで、

理性と恐怖が飛び交う中デビルマンに目覚めるシーンを思い出しました。


何とか1時間近く頑張って見たんですが、

僕にはどうしてもこのサイケデリック・ロックが受け入れられませんでした。

ドラッグをやってる人の目というのは死んだ魚のような目で、どこを見てるのかわからず、

生理的な嫌悪感を引き起こしますし、

そんな目で真面目に「神と天使の声が聞こえる」とか、

「ドラッグが広まれば世界はよりよくなると思う」とか、

「意識を開放する扉が永遠に開かれた」とか言われても普通に引きますよ。

ドラッグに溺れて単なる現実逃避をしているようにしか見えないのは

僕の価値観が狭いからでしょうか?


そんな中、ちょっと面白かったのが

ジェファーソン・エアプレインのグレイス・スリックが語ったこの言葉

私が幼いころ聞かされたのは薬で楽しい冒険ができるというお話だった。

「不思議の国のアリス」にはきのこや水ぎせるが出てくるし、アリスは丸薬みたいなものをかむ。

オズの魔法使いはけし畑の彼方にエメラルドの街を見せ、

ピーターパンは白い粉をまいて子どもと空を飛ぶ。

こんな話を聞かせておいてドラッグはだめと言うの?


この解釈は「なるほど、こういう考えもあるのか」と妙に納得させられました。

だからといってドラッグを肯定するわけではないですけど。


サイケミュージックは、

愛と平和を謳いオルタモントで開催されたウッドストック・フェスティバルに代表される

野外演奏でのドラッグによる暴力沙汰によって勢いを無くし、70年代を迎えると共に終焉を迎えます。

ザ・バーズ、ザ・グレイトフルデッドはカントリーなスタイルに変わり、

カントリー・ロックはやがてウエストコートサウンドへと移行。

「ドラッグが見せたつかの間の夢は終わりヒューマンビーインもその後の混乱も時代のうねりに呑み込まれていったのです。」

と締められてこのDVDは終わります。

関連記事

関連エントリ抽出中...

前回の続きを図書館で借りてきました。

本当はVol3を借りたかったんですが貸し出し中…残念。


Vol.4の内容

1950年代にアメリカのシカゴで流行したブルース。

ブルースとは毎日辛い労働にあけくれる黒人労働者の現実、心情を歌った音楽であり、

それが海を越えたイギリスの一部のミュージシャンに影響を与え、60年代のイギリスでブルースが流行。

ローリング・ストーンズ(ミック・ジャガー、キース・リチャーズ)、

ヤードバーズ(エリック・クラプトン、ジェフ・ベック、ジミー・ペイジ)、

アニマルズ(エリック・バードン、チャス・チャンドラー)などが世に出てきます。

それらのバンドはやがてブルースの本場アメリカでヒットを飛ばしアメリカツアーを敢行、人気を博します。


その後、ヤードバーズを脱退したエリック・クラプトンは

ジョン・メイオール&ザ・ブルースブレイカーズに入るがそこも脱退し、クリームを結成。


アニマルズのチャス・チャンドラーがジミ・ヘンドリックスをアメリカで見出し、

ジミヘンはジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンスというバンドを結成。


ジミヘンに刺激を受けたジェフ・ベックがジミー・ペイジにバンドを組もうと誘うが、

ジミーはボーカルのロバート・プラントと共にレッド・ツェッペリンを結成。

レッド・ツェッペリンの音楽はブルースを元にロックからヘヴィメタルへと少しずつ変わっていきます。


1970年秋、ジミ・ヘンドリックスが薬物の多量摂取により27歳で世を去り、

最後にロバート・プラントが語ります。

1920年代のブルースマン、トミー・ジョンソンからブルースが始まり、

彼の演奏を録音したレコードによって、ハウリン・ウルフやロバートジョンソンに受け継がれていった。

(俺達は)根っこをたどれば、皆同じところに行き着くのさ、と。


感想

Vol.4はギター・ヒーローがてんこ盛りです。

ブルースに影響された60年代のミュージシャンが互いに影響し合い、

イギリスとアメリカを行き来し、新しい音楽の流れを作っていくのがよくわかります。

これを見たらなんかギターが弾きたくなっちゃいましたね。

最近ほとんど弾いてなかったけど、また再開しようかな。

関連記事

関連エントリ抽出中...

Vol.2はフォークとロックの融合。フォークロック・誕生がメインです。


フォークソングの象徴として絶大な人気を誇ったボブ・ディランと

イギリスのリバプールからロックを引っ提げてアメリカにやってきたビートルズの出会い。

その両者の影響を受け、フォークとロックを融合させたザ・バーズ。

そして、それらの流れを彩る様々なアーティストが出てきます。


個人的にはVol.1に比べればあんまり面白く無かったです。

ボブ・ディランにもビートルズにも、特に思い入れがないですからね。

ビートルズが人気を誇った60年代に生まれてなかった僕には、

ビートルズの凄さというのが、いまだにピンとこなくてよくわからないです。

当時の映像を見ても、「なぜファンの人達はあんなに熱狂してるのだろう」と

不思議な気分になります。


あと、僕の好きなフォーク・デュオのサイモン&ガーファンクルが

ちょっとしか出なかったのが、がっかりです。

関連記事

関連エントリ抽出中...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。