ブログパーツ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連記事

関連エントリ抽出中...

今日もまたNHK-BS2で映画を見ました。

最近、映画の面白さにハマッてます。


1932年、アメリカのアラバマ州にあるメイコームの町を舞台に、

正義感と知性と優しさに溢れる理想的な父親フィンチ弁護士と

その父を見て育つ息子のジェムと娘のスカウトの物語です。


この映画は子供達がとても可愛いかったですね。

自分の子供時代を思い出して微笑ましくなりました。

僕も妹がいますけど、あんな感じだったなぁ。

(といっても僕はジェムのようないい兄じゃなかったですけど)


物語の中盤にある裁判のシーンは、弁護士フィンチの最大の見せ所です。

法廷の人達皆に語りかけるフィンチは、とても格好良かったです。

こんな父親がいたら子供も立派に育つだろうなぁ、うらやましい。


とてもいい映画だったと思うのですが、どうしても気になる事が一つ。

最後のスカウトの台詞とフィンチの選択はどうなんでしょうね?

あれが本当に正しいのかどうかすっきりしなくて、どうも後味がよくないです。

アラバマ物語 [DVD]アラバマ物語 [DVD]
(2004/07/01)
グレゴリー・ペック

商品詳細を見る

関連記事

関連エントリ抽出中...
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://need77.blog134.fc2.com/tb.php/98-d4519d3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。