ブログパーツ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連記事

関連エントリ抽出中...

今日、WOWOWでやってたので見ました。

交通事故による障害によって、記憶が80分しか持たない「博士」の家にやってきた

「家政婦」とその息子の「ルート」。この3人の交流を軸に描かれる物語です。


僕は、学生時代は数学がさっぱりわからなくて苦手だったので、

「この映画は合うかなぁ?」と思って見たのですけど、そんなものは杞憂でした。

階乗とか完全数とか虚数とか友愛数とかが作品内に出てきますけど、

映画の中でちゃんと説明がされてて、わかりやすかったです。


この映画で一番気に入ったのは、作品全体に流れる暖かい雰囲気です。

特に博士の人柄は純粋で優しい。

数学者というと「理数系で頭が固くて冷たい」なんてイメージがあったんですけど、

博士はそういうのとは違って、子供を可愛がる優しいお爺さんという感じです。

ルートに優しく色々な事を教える博士を見てると、こちらも優しい気持ちになれますね。


映画が気に入ったので、今度原作の小説も読んでみたいと思います。

博士の愛した数式 [DVD]博士の愛した数式 [DVD]
(2006/07/07)
寺尾聰小川洋子

商品詳細を見る

関連記事

関連エントリ抽出中...
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://need77.blog134.fc2.com/tb.php/92-0cb366de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。