ブログパーツ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連記事

関連エントリ抽出中...

今日、WOWOWでやってたので見ました。

豪華客船で生まれ、豪華客船で育ち、

一度も陸に降りた事のないピアニスト1900(ナインティーン・ハンドレッド)という男の物語です。


最初はエンニオ・モリコーネの音楽と英語の勉強目当てで見始めたのですが、

話が面白くて、すぐに引き込まれましたね。

船の上だけで育った1900はとても純粋で、大人になっても子供のような感性を持ち続ける男です。

嵐で揺れるホールでピアノを演奏するシーン、ジャズを発明した男ジェリー・ロールとのピアノ対決、

最後の1900とマックスとの会話が、特に印象に残りました。


「小さな狭い世界に閉じこもって生きる人」、「広い世界に飛び立ち生きる人」

どちらが正しいのでしょうか?

「そんなものは人それぞれ」「比べる必要なんて無い」「人の生き方に正解なんてない」などと、

結論付けたつもりになって思考放棄するのは簡単ですが、時には自分の生き方や価値観を冷静に見つめなおして、

自分の頭で考えるのも大事じゃないでしょうか?


考えて、悩んで、迷った先に自分なりの答えを見つけたい。


この映画を見て、そんな事を考えさせられましたね。

海の上のピアニスト [DVD]海の上のピアニスト [DVD]
(2008/06/20)
ティム・ロスブルート・テイラー・ロビンス

商品詳細を見る

関連記事

関連エントリ抽出中...
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://need77.blog134.fc2.com/tb.php/90-4a188ed3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。