ブログパーツ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連記事

関連エントリ抽出中...

この2週間でちょこちょこ読んでいって、ようやく読み終わりました。

とにかく今の僕の心境にぴったりというか、出てくる登場人物達に共感しまくりました。

特に如月行。これほど感情移入が出来る登場人物は初めてですよ。

他にも親子とか信頼とか憎しみに囚われる事の愚かさとか、

最近悩んでた事の答えが書いてあるみたいで、何なんだろうこの偶然は?と思いました。

この本はめちゃくちゃ気に入ったので絶対に新品で買い直します。


普段はネタバレを考慮してしないのですが、今回だけは書かずにいられないので、

この物語で一番感動した台詞を引用します。

P.112

生き甲斐だ。生きててよかったって思える何かだ。それがあるから、人は生きていけるんだって……そう教えてくれた人の言葉を、おれは信じる。

今、このタイミングでこの本に出会えた事に感謝したいです。

お勧め

亡国のイージス 下  講談社文庫亡国のイージス 下 講談社文庫
(2002/07/16)
福井 晴敏

商品詳細を見る

関連記事

関連エントリ抽出中...
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://need77.blog134.fc2.com/tb.php/55-1580ed78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。