ブログパーツ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連記事

関連エントリ抽出中...

(以下はTOEICの試験を受けた事がない人間の意見です。

的外れかもしれませんが、素人のたわ言と、笑って読み流してくれると助かります。)


よく、英語の勉強というと、TOEICの事が話題になります。


  • TOEICで○○○点を取りました。
  • TOEICで○○○点取るのを目標にしてます。

こういうのってどうなんでしょうね?

前者の「TOEICで○○○点を取りました。」というのはわかります。

人に自分の英語の実力を示す目安としては分かりやすいし、必要だと思います。

でも、後者の「TOEICで○○○点取るのを目標にしてます。」

というのは、何か違うんじゃないかなぁと思うんです。

「ちょっと、おかしくない?」と。


英語を学ぶ目的って、外国人と話せるようになりたいとか、

英語を読めるようになりたいとか、就職や転職に役立つから、

スキルアップの為など、人それぞれだと思います。


勉強して、テストでいい点を取れると嬉しいです。

僕も、えいご漬けの英語力ランクに一喜一憂してます。

TOEICでいい点を取るのを励みや目標に英語の勉強を頑張って、結果として英語の実力がつくなら

何も問題はないと思います。

でも、TOEICでいい点を取る事を目標に勉強している人達というのは、

「いかにいい点を取るか?」という事ばかりに目を向けていて、

英語の勉強が「いい点を取る為の手段」になってるように思えるんです。


もちろん、すべての人がそうだと言ってるわけではありません。

でも、中には「英語が出来るようになるのが目的」じゃなくて

「TOEICでいい点数を取るのが目的」みたいになってる人がいませんか?

最近、英語の勉強をしてる人のブログを見る機会があったんですが、たまにそういう人を見かけるんです。


「英語」を学んでるんじゃなくて、「TOEICでいい点を取るテクニック」を学んで磨いている人


僕はこういう人達に、どうしても違和感を感じるんです。


そういう勉強の仕方で、本当に英語が身についているんでしょうか?

本末転倒というか、努力の方向性がずれてるんじゃないかな?と、僕は思うんですが。

関連記事

関連エントリ抽出中...
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://need77.blog134.fc2.com/tb.php/33-acb1deb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。