ブログパーツ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連記事

関連エントリ抽出中...

今日の金曜ロードショーでやってたので見ました。


あらすじ

人々に恐れられる美しい青年魔法使いハウルと関わったことによって、

荒地の魔女に90歳の老婆に変えられてしまった少女ソフィー。

ハウルの城で掃除婦として働く事になったソフィーが、

ハウル、火の悪魔カルシファー、ハウルの弟子のマルクル、謎のかかしカブ達と共に、

様々な出来事に巻き込まれつつも頑張る物語。

感想

まさに王道ファンタジー。さすが宮崎アニメという出来。

2時間半の間、退屈することもなく、あっという間に時間が経ちました。


ストーリーについては、説明不足という感じでわかりづらいところが多かったです。

時々ソフィーの描写が若返ってるのとか、戦争をしてる理由とか、

母親とソフィーの関係とか。

ソフィーが過去に飛ぶ展開も唐突すぎて何故?って感じでしたね。

ソフィーが老婆に変えられたのも、終わってみればあんまり必然性や意味が無かったように思います。


最近、PCでイラストを描き始めたので絵にも注目してたのですが、

ジブリのアニメの描き込みは本当に凄いですね。

恐ろしいほど手間がかかってます。


音楽についてはいつもの久石さんですが、今回はほとんど印象に残りませんでした。


それにしてもハウルのデザインといい、ソフィーとハウルのラブストーリーといい、

まるで少女漫画みたいでしたね。「耳をすませば」や「猫の恩返し」を思い出しました。

キスシーンもあるし、女性には受けがよさそうな映画です。


↓トラコミュに参加してます。興味のある方はクリック。

にほんブログ村 トラコミュ ジブリ映画へ
ジブリ映画

ハウルの動く城 [DVD]ハウルの動く城 [DVD]
(2005/11/16)
倍賞千恵子木村拓哉

商品詳細を見る

関連記事

関連エントリ抽出中...
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://need77.blog134.fc2.com/tb.php/310-1b3d0230
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。