ブログパーツ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連記事

関連エントリ抽出中...

本を読んで久しぶりに感動して涙が出そうになった。

裏表紙に書いてある本の紹介に「全世界が涙した現代の聖書」なんて一文があるのですが、

読む前は正直「ベストセラーにありがちな大げさな文句だな」とひねた目で見ていた。

まあ、実際ちょっと大げさなんですが、それでも読んでいてウルッと来た場所が二ヶ所あります。


読んだ事の無い人の為に、詳しくは書きませんが、

物語の後半、主人公のチャーリイが母親に会って自分の思いを叫ぶ場面と、

いじめられていたチャーリイをパン屋の仲間が助けてくれる場面。

自分にとってはこの二ヶ所の場面だけで、

500ページ近い物語を読む価値はあったと思う。

他にも精神遅滞だったチャーリイが超知能を手に入れた事によって初めて知る周りの世界、

精神遅滞だった自分自身に対する皆の視点、

辛い過去の記憶、天才になる事によって無くしたものに気づく自分、

女性に対する未知の感情に対する苦悩、周囲と打ち解けられない孤独など、

色々考えさせられるテーマがたくさんつまっていて面白い。

まだ読んだ事が無い人には、是非読んでもらいたい名作だと思います。


最後にこれはどうしても語っておきたいのですが、

訳者の小尾 芙佐(おび ふさ)という方の日本語訳は、素晴らしかったです。

外国小説の訳にありがちな平坦さが無く、日本の小説のように普通に読めました。

外国小説はあのつまらない訳文が苦手で、なかなか好きになれない自分にとってこれは大きかったです。

アルジャーノンに花束を (ダニエル・キイス文庫)アルジャーノンに花束を (ダニエル・キイス文庫)
(1999/10)
ダニエル キイス

商品詳細を見る

関連記事

関連エントリ抽出中...
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://need77.blog134.fc2.com/tb.php/3-8a21a8db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。