ブログパーツ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連記事

関連エントリ抽出中...

前回の続きを図書館で借りてきました。

本当はVol3を借りたかったんですが貸し出し中…残念。


Vol.4の内容

1950年代にアメリカのシカゴで流行したブルース。

ブルースとは毎日辛い労働にあけくれる黒人労働者の現実、心情を歌った音楽であり、

それが海を越えたイギリスの一部のミュージシャンに影響を与え、60年代のイギリスでブルースが流行。

ローリング・ストーンズ(ミック・ジャガー、キース・リチャーズ)、

ヤードバーズ(エリック・クラプトン、ジェフ・ベック、ジミー・ペイジ)、

アニマルズ(エリック・バードン、チャス・チャンドラー)などが世に出てきます。

それらのバンドはやがてブルースの本場アメリカでヒットを飛ばしアメリカツアーを敢行、人気を博します。


その後、ヤードバーズを脱退したエリック・クラプトンは

ジョン・メイオール&ザ・ブルースブレイカーズに入るがそこも脱退し、クリームを結成。


アニマルズのチャス・チャンドラーがジミ・ヘンドリックスをアメリカで見出し、

ジミヘンはジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンスというバンドを結成。


ジミヘンに刺激を受けたジェフ・ベックがジミー・ペイジにバンドを組もうと誘うが、

ジミーはボーカルのロバート・プラントと共にレッド・ツェッペリンを結成。

レッド・ツェッペリンの音楽はブルースを元にロックからヘヴィメタルへと少しずつ変わっていきます。


1970年秋、ジミ・ヘンドリックスが薬物の多量摂取により27歳で世を去り、

最後にロバート・プラントが語ります。

1920年代のブルースマン、トミー・ジョンソンからブルースが始まり、

彼の演奏を録音したレコードによって、ハウリン・ウルフやロバートジョンソンに受け継がれていった。

(俺達は)根っこをたどれば、皆同じところに行き着くのさ、と。


感想

Vol.4はギター・ヒーローがてんこ盛りです。

ブルースに影響された60年代のミュージシャンが互いに影響し合い、

イギリスとアメリカを行き来し、新しい音楽の流れを作っていくのがよくわかります。

これを見たらなんかギターが弾きたくなっちゃいましたね。

最近ほとんど弾いてなかったけど、また再開しようかな。

関連記事

関連エントリ抽出中...
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://need77.blog134.fc2.com/tb.php/115-4f1b67b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。