ブログパーツ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連記事

関連エントリ抽出中...

(前回のイチロースペシャルの感想はこちら

今回は前回の放送の未公開トークを公開という事で、楽しみにしてました。

忘れないうちに感想をメモメモ。

(録画しとけってのは無しです。忘れたり、記憶違いするというデメリットはありますが、

なるべく機械に頼るのではなく、自分の頭を使って記憶したいので)


  • 茂木さんって目が笑ってないですよね?
    • イチロー選手は茂木さんが嫌いなんですかね?なんかイチロー選手の言葉の端々に棘のようなものを感じました。逆に女の人(名前が思い出せない)には優しかったですね。二人のインタビュアーのバランスはうまく取れてますが、茂木さんもイチロー選手の本音を引き出すために頑張ってるのに損な役割だなと、ちょっと気の毒に思いました。
  • 他の人の道具を触ると、愛用のバットの感覚に違和感を感じるようになってしまう。
    • うーん、正直なんとなくでしか理解できません。プロフェッショナルにしかわからない感覚なんでしょう、多分。
  • 別に人の意見を聞かないわけではなく、自分で試してはいる。その結果で合わないと判断してる。
    • 人の意見は聞かない頑固な職人肌ってわけではないらしいですね。てっきりそういうタイプだと思ってたんですが、誤解だったようです。
  • 好きなものだけ食べる、栄養は気にしない。
    • 前回、栄養にこだわらないのかと疑問に思ってたのですが、女の人がズバリ質問してくれました。やっぱり気にしてないようです。栄養の為に嫌いなものを無理して食べるよりは、好きなものを食べた方が健康にいいという事なのかな?普通の人ならそれで何の問題も無いでしょうが、プロ野球選手でそれを貫くとは勇気があります。世間の常識ではなく、自分の感覚を信じているという強さを感じました。
  • 仰木監督は凄い。
    • 尊敬出来る人間に出会えるのは幸せな事です。僕もそういう出会いが欲しかったなぁ。
  • 運命はあると思う。
    • これはどうなんでしょうね?僕も運命はあるとは思ってますが、恵まれた人間がインタビューでああいう事を口にするべきではないと思います。恵まれてない人間からすれば、あまり面白くはないでしょう。

こんなところです。

今回の放送は前回のおまけというか補完みたいなものだったので、

前回ほど新しい発見は無かったですね。

2007年のシーズンで何かを掴んだというイチロー選手が、

2008年にどこまで行くのか楽しみです。

関連記事

関連エントリ抽出中...
スポンサーサイト

今日は、久しぶりにサザエさんを見たんですけど、

いつの間にか声優さんが何人か替わってますね。

カツオが替わったっていうのは、一時期話題になってたので知ってましたが、

ワカメとノリスケさんまで替わってるとは知りませんでした。

それにしても、カツオとノリスケさんは、

「多少違和感があるけど何とか聞けるレベル」でしたが、ワカメはひどい。

以前の声優さんの声とイメージが違いすぎませんか?

記憶に残ってたワカメの声と全然違ってた為、正直言って聞いてて気持ち悪かったです。

皆、あの声で平気なんですかね?慣れれば気にならないんでしょうか?

関連記事

関連エントリ抽出中...

NHK プロフェッショナル 仕事の流儀 イチロースペシャル

今日はこれを見ました。

僕のイチロー選手のイメージというと、「孤高の天才」でしたが、

番組を見終わっても、やっぱりそうでした。

以下、印象に残った場面と感想を。

  • 犬を可愛がるイチロー選手 これは、結構意外でした。でも、ああいう重圧の中で毎日を過ごしてると、ペットとの触れ合いで癒される事ってすごく大事なんだろうなと思います。僕も猫を買ってますけど、本当に癒されますよ。

  • 昼食は毎日カレー これだけは、どうしても理解できませんでした。プロのスポーツ選手がそれでいいんでしょうか?あまり栄養とかにはこだわらないんですかね?

  • 肉体を鍛えて無理に大きくするつもりはない あまり大きくすると、体の隅々まで神経が行き届かないそうです。いまの体型のまま筋肉をつけていくのが理想だとか。イチロー選手なりのこだわりがあるようです。運動が苦手の僕には、よく理解できませんでしたが。
  • プレッシャーに弱い これも意外でしたね。でもそういう中でも大事な試合でホームランを狙ったり出来るのだから、大したものだと思います。弱いなりに何とかしてるところが、さすがですね。

  • 背面キャッチについて あれは遊びでやってるわけじゃなくて、ボールが視界から離れた時にもキャッチ出来るようになる為の練習だそうです。本人にファンサービスのつもりはないけど、結果的にそうなってるという事らしいです。(そうは言いつつ「少しはファンサービスのつもりもある」という感じを、僕は受けましたが)

  • 野球を嫌いになりかけた事もある あれだけ注目を浴びたり期待されたりすると、やはり辛い部分もあるようです。プロの大変さというのは、一般人には想像しか出来ませんが、それでも結果を残す、残さなければいけないのがプロフェッショナルなんだろうと、僕は解釈しました。

  • ファンが自分達の時間を削って応援してくれてるのだから、僕たち(プロ野球選手)も自分の時間を削って応えなければいけない。 (注.記憶に頼って書いてるので、細かいニュアンスは違うかもしれません。)ファンを大事にしなければいけないというのは、多くのプロ野球選手が言っている事ですが、イチロー選手もやはりファンを大事に思っている事が伺える、印象的な台詞でした。

こんなところです。

イチロー選手の物の考え方というのは、一風変わってますが、

よく聞くとちゃんと筋が通っていて、「まったく理解できないわけではない」というのが印象ですね。

ゲン担ぎなんかもしますし、理論だけでなく感覚も凄く大事にしてて、

その辺りのバランスがうまく取れてるなと感じました。


P.S

22日に今回の番組の未放送分を流すトーク番組をやるとか。

それも見ようと思ってますが、ちゃんと覚えてられるかな?

関連記事

関連エントリ抽出中...

今日は大晦日ですね。夜は父と一緒にK-1をずっと見てました。

以下、印象に残った試合の感想。

(ちなみに僕はほとんど格闘技を見たことがないし、詳しい知識もないです。横で見てた父が色々教えてくれて、ちょっとかじった程度と漫画の知識ぐらい)

  • ミノワマンVSズール
    • 2倍近い体重差をミノワマンがどう埋めるのかと思って見てましたが、結局ズールの勝ちでしたね。負けてしまいましたがミノワマンの一本背負いやズールのパンチに耐える姿には感動しました。キン肉マン世代なのでそれを意識した解説もツボにはまりましたね。火事場のクソ力とか神谷明さんの声とか懐かしいなぁ。
  • 田村 潔司VS所 英男
    • 田村の落ち着いた戦いぶりが印象的でした。38歳という年齢は格闘家としてどうなんだろう?と思ってましたが、田村の巧さはそんなの関係ないと思わせてくれました。
  • 武蔵VSベルナール・アッカ
    • 1Rからいきなりアッカが猛攻を仕掛けた時はどうなることかと思いましたが、経験の差ってやつでしょうか?結局は武蔵の計算通りという感じで、あっさり3RでK.Oを決めましたね。
  • ニコラス・ペタスVSキム・ヨンヒョン
    • この試合は二番目に印象に残りました。2mを超えるキムに比べると、ペタスはとても小さく見えて「こんなの勝負になるのか?」と思って見てましたが、ペタスがローキック連発でダメージを与え、ハイキックと見事なパンチでキムを倒してしまいました。いや、素晴らしい!いいものを見せてもらったなぁ。
  • ボブ・サップVSボビー・オロゴン
    • サップ強し!マウントを取ってからのハンマーパンチ連発はまさに野獣。
  • 秋山成勲VS三崎和雄
    • 詳しくは知らなかったんですが、秋山選手の方はクリームがどうこうで、色々あったらしいですね。見た感じでは秋山選手の方が強そうに見えたんですが、三崎選手の一瞬の右フックと追い討ちのキックで勝負が決まりました。本当に一瞬でよくわからなかったです。
  • ヒョードルVSホンマン
    • この試合が一番印象に残りました。素人から見てもヒョードルは強い!あの体格差をものともせずに、一瞬で腕を取って極めるテクニックが素晴らしすぎる!

関連記事

関連エントリ抽出中...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。