ブログパーツ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連記事

関連エントリ抽出中...


今日はいつもと趣向を変えてお気に入りの動画を貼ってみる。
スキャットマン・ジョン大好きです。
将来はこういう格好良いおじさんになりたい。

関連記事

関連エントリ抽出中...
スポンサーサイト

D

昨日からスキャットマンの歌が頭から離れません。

PCに向かってる間もこの動画をループで延々と再生してます。


ビーパッバ♪バラッポ♪ ビッパッバ♪バラッポ♪


こういう格好いいおじさんになりたいです。

関連記事

関連エントリ抽出中...

これで最後、Vol.9です。


Chapter1 ヒップホップの台頭~音楽は再びストリートへ

80年代、パンクの勢いが衰え、替わりに台頭したヒップホップ。

クラフトワークのテクノサウンドを取り入れたアフリカ・バンバータがアルバム「プラネット・ロック」という曲を作り出します。

レコードの音を自由にミックスし、その上に自由な語りを乗せる

ラップという基本的なスタイルは、この「プラネット・ロック」によって確立されました。

ラップの勢いが増してくるとブロンディを始め、そのスタイルを取り入れる白人も増えていきました。

Chapter2 MTV開始以降~ミクスチャー化の進行とメッセージの発信

音楽のプロモーションビデオを専門的に流すMTVの誕生は、

ポップミュージックの歴史に多大な影響を与えました。


ラッセル・シモンズとリック・ルービンが手を組んで設立した

ラップ専門のレーベルDef Jam recordings。

このレーベルからランDMCのアルバムを出す時に

エアロスミスの「ウォーク・ディス・ウェイ」をカバー。

これをきっかけに多くのロックファンがラップに注目を寄せることになります。


しかし、ランDMCは黒人だった為にMTVなどからは無視されます。

白人のラップグループビースティ・ボーイズのファーストアルバム「ライセンス・トゥ・イル」の大ヒットで、

ラップはようやくアンダーグラウンドな存在から表舞台に飛び出します。

Chapter3 ‘80年代以降の実験者達~テクノロジーの進化とブラックミュージック

ミシガン州のデトロイトで大きな発展を遂げたテクノポップ。

先進的過ぎてアメリカの音楽業界でほとんど無視されてきたテクノサウンドは

FMなどで流されることはなく、クラブ流されることで発展していきました。

その流れでメロディーをより重視したハウスミュージックが生まれました。



ネットワークが世界を結び、ヒット曲が地球の隅々にまで運ばれる今日、

ポップミュージックはある種の世界共通語になったといってもいいでしょう。

しかし、その言葉は大いなる多様性を秘め、今も進歩と衰退を繰り広げています。

新しい音楽が古い音楽を駆逐し、古い音楽が改良されて再び息を吹き返し、

その絶え間ない動きの中にこそポップミュージックの本質があるのです。

と締めてこのシリーズは終わりです。

全編を通しての感想

イギリスの放送協会(BBC)が作った為か、どうしてもイギリスびいきな内容で、

微妙なアメリカ批判(人種差別問題をやたら取り上げる、アメリカ音楽業界の保守的なイメージの連呼)

が混じってたりもしますが、音楽の歴史の流れをサラっと理解するには

十分な内容だったと思います。

個人的にはVOL.1Vol.4が特に面白かったですね。

関連記事

関連エントリ抽出中...

ようやくVol.6が借りられました。

Chapter1 ベルベット・アンダーグラウンド登場 ~ポップアートの隠花植物たち

60年代後半のアメリカ、ニューヨーク。

アメリカモダンアートの旗手アンディ・ウォーホルの実験バンドとして世に登場した

ベルベット・アンダーグラウンド

独創的過ぎる音楽性と観客の度肝を抜くライブパフォーマンスで世間の注目を集めますが、

社会や音楽評論家からは理解されず散々な評価を受け、不評の内に解散を迎えます。


ミシガン州からはエキセントリックなアーティスト、ザ・ストゥージズのイギー・ポップが、

デトロイトからはアリス・クーパーが現れます。

彼らは派手で過激なライブパフォーマンスで注目を集めます。

Chapter2 T.レックスとデビッド・ボウイ ~グラムロック時代へ

女性的なルックスで人気を博したイギリスのスター、マーク・ボランのバンド、T.レックス

日常世界を遙かに飛び越え、

宇宙の彼方にまでイメージを誘うサウンドを引っさげて登場したデビッド・ボウイ

ニューヨークでアンディ・ウォーホル、ルー・リード、イギー・ポップに出会ったボウイは、

次第に前衛的な世界に傾倒していきます。

1972年、ボウイはジギー・スターダストという異星人に扮し、

現実と架空の世界をミックスした演劇的な音楽ステージに取り組み始めます。

イギリスで絶大な支持を得たボウイのスタイルは

そのグラマラスで妖しい美しさから「グラム」という名で呼ばれるようになります。


まばゆい衣装と性別不詳のイメージ。

常識や日常を押し退ける雰囲気を持ったグラム・ロック。

スウィートスレード、ゲーリー・グリッターなどのバンドが活躍しました。

Chapte3 ヒーローズ ~変貌するグラム、巨大化するロック

人気絶頂期にジギーとしての活動を停止させたボウイはスタイルをガラっと変え、

アルバム「ダイヤモンドの犬」を発表と同時にアメリカツアーを開始します。

ジャズとロックの融合を図り、ステージはブロードウェイ風になり巨大化していきます。


アメリカでは両性的なイメージは受け入れられず、

ホラーなイメージに転換したアリス・クーパーのステージもまた巨大化していきました。

そして巨大化したステージが大型スタジアムにまで広がった頃には

従来のような音楽演奏だけでは迫力が客席に届かなくなっていくという問題が出てきました。

そんな中、湧き上がる炎と地鳴りのような重低音などエネルギッシュな演出で

それらの問題を解決したバンド、キッスが現れます。



安直な愛と平和のメッセージを破り捨てた時点から

70年代を切り開くロックが様々に生まれ、様々に散りました。

彼らはそれぞれのやり方で一日限りのヒーローになる為に戦ったのです。

そして一瞬の輝きが去った後にはまた新たな模索が始まります

と締めてVOL.6は終了。

関連記事

関連エントリ抽出中...

続きを借りてきました。Vol.6は相変わらず借りられたままだったので今回は8を。

残りは6と9です。順番がバラバラですね。

Chapter1 ジェームズ・ブラウンの登場~ファンクのスタート

1960年代の終わり、ゴスペルをルーツとしたソウルが人種差別の激化で衰退し、

替わってブラックミュージックの主流に躍り出たのは、よりハードでリズムを強調した音楽「ファンク」でした。

(とVol.3の続きという感じで始まります)


ファンクの中心人物として黒人のオピニオンリーダーとなったのがジェームズ・ブラウン。

ジェームズ・ブラウンはミュージシャンとしてだけでなく、

黒人のリーダーとして政治や社会に影響力を持ち、黒人の誇りを示しました。


彼はバンドを率いて活躍しましたが、独裁的に振舞ったためにメンバーと対立。

要求が通らないと演奏しないというバンドメンバーを全員解雇して、新たなメンバーを迎え入れます。

その中の一人がベーシストのブーツィー・コリンズ。

彼のベースに影響されてジェームズ・ブラウンの音楽も変化。

新しいリズムや音楽を生み出し、更なる活躍をします。

Chapter2 スライ&ザ・ファミリー・ストーン ~西海岸からの新勢力

ジェームズ・ブラウンの後を追うように、西海岸から新しいファンクスターが現れます。

それがスライ&ザ・ファミリー・ストーン。

スライはサイケデリック・ロックとR&Bを融合させ、ヒットを飛ばします。


メンバーの中で注目を集めたのがベーシストのラリー・グラハム。

彼はベースの弦を叩いたり弾(はじ)いたりするチョッパー奏法を生み出した人物で、

彼によって、それまでは縁の下の力持ちとして目立たなかったベースという楽器が注目され始めます。


様々な音楽を融合させたスライ達の音楽は1968年からの4年間でヒットを連発しますが、

彼らのレコードは黒人よりもむしろ白人に売れました。

それはスライ&ザ・ファミリー・ストーンのメンバーが多人種と男女混合で、

彼らは音楽を通じてアメリカの理想像を体現していたからです。


しかし、スライの音楽はますます過酷になる現実の前によって挫折を余儀なくされ、

やがて輝きをなくしていきます。

Chapter3 新しいR&B時代へ~社会を反映するソウル

ベトナム戦争や人種問題に苦悩するアメリカに愛こそが答えと呼びかけたアルバム

「WHAT'S GOING ON」を発表した、マーヴィン・ゲイ。

荒廃するアメリカ社会、黒人社会について歌うスティーヴィー・ワンダー、カーティス・メイフィールド。


1971年、ジェームズ・ブラウンのバンドを去ったブーツィー・コリンズは

Pファンクと呼ばれるジョージ・クリントン率いるファンカデリックに参加。

ブーツィーによるジェームズ・ブラウン直伝のリズムを加えたPファンクは、新しい刺激を受け進化していきます。

しかし、Pファンクは音楽も衣装もユニーク過ぎたため、一般にはあまり受け入れられませんでした。


70年代の中盤にはファンクは既にブラックミュージックの中心としての地位を確立。

アース・ウインド&ファイアー、オハイオ・プレイヤーズ、クール&ザ・ギャングなどのバンドが生まれ、

ファンクに様々な要素を加えていきました。


しかし、人種対立の激化と共にブラックミュージックへの反感も多くなっていき、

ラジオなどは黒人の音楽をあまり流さなくなり、ファンクは人々の耳にはあまり届かなくなっていきます。

Chapter4 フィリー・ソウルの台頭とディスコ~白人社会への浸透

そんな中、CBSがダンス音楽の市場を開拓する為に、

メジャーなレコード会社としては初めて黒人のプロデューサーを起用しました。


2人組の黒人プロデューサー、ギャンブル&ハフはファンクに管楽器など華麗なオーケストラアレンジを加え、

R&Bに新たな境地を開き、数多くのヒットを飛ばします。

そのサウンドはフィラデルフィア・サウンドと呼ばれました。


デビッド・ボウイはそんなフィラデルフィア・サウンドに魅せられたアーティストの一人です。

また、デビュー当時の勢いを無くしていたジャクソン5もジャクソンズと名を変え、

フィラデルフィアでギャンブル&ハフと共にニューアルバムを製作します。


ギャンブル&ハフの音楽はディスコブームと結びつく事によって大きな成功を収めます。

ドナ・サマー、シルヴェスターがいくつかのヒットを飛ばす中

1977年、ディスコを一躍ポップミュージックの主流に押し上げたのが、

ジョン・トラボルタ主演の映画「サタデーナイト・フィーバー」の大ヒットです。

ビージーズのテーマ曲は売れに売れ、2枚組のサウンドトラック盤はレコード史上最高の売り上げを記録します。


ディスコの嵐が吹き荒れる中、Pファンクはその音楽性を崩すことなく更に発展させ、

ステージや音楽にSF的な要素を加えていきます。

「フラッシュライト」という曲はシンセをベースに使った初めての曲と言われています。


70年代の終わりに近づくとPファンクのステージはそのスケールの頂点を極めます。

シンガーや楽器の数を増やし、時にはステージに50人の演奏者が立つ事もありました。

しかし、巨大化し過ぎたステージは音楽そのものの魂「ファンク」を失いやがて飽きられ、

時代はもっとシンプルなモノを求め始めます。


80年代の到来と共に黒人音楽はストリートに戻っていき、

ヒップホップという文化から「ラップ」という新しい音楽を生み出します。

新世代の音楽ラップはジェームズ・ブラウンやPファンクなどの音楽をサンプリングし作られています。

どのように形が変わっても、ファンクのセクシーで力強いリズムはブラックミュージックの中に依然生き続けているのです。

と締められてVol.8は終わりです。

関連記事

関連エントリ抽出中...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。